みなさん、お元気にお過ごしでしょうか?  

今年の冬は厳しい寒さと大雪に見舞われましたね。森の家HP管理者の古賀です。

お待たせいたしました。みんなの学校第三弾のご案内です。

主催は、前回同様、1000人でみんなの学校を見よう!実行委員会です。

今回は、共催:北九州市後援:北九州市教育委員会をいただいてのスタートです。

◆開催期日 2018-03-31(土) 

◆開催時間 9:30~18:30 

◆開催場所 AIMビル3階(北九州 小倉駅新幹線口より徒歩4~5分)

★講演講師 立花大敬先生 ・ 木村泰子先生

今回は、学びのテーマを、みんなの学校からみんなの社会まで広げ、九州大会として開催させていただきます。

長時間になりますが、学ぶ、感じる、繋がる、動くまでを皆さまと一緒に考えてみたいと思いますがいかがでしょうか?

第一幕から第三幕まで、それぞれのテーマをもとに開催いたします。

★第一幕は、大空小学校の事、木村泰子初代校長の覚悟と取り組み、そして外部から見た大空小学校、卒業生のその後などを「観る」と言うテーマでDVDやパネルと共にお届けします。

大空小学校の事をご存じない方、みんなの学校の映画を見たい方、まずは、この一幕からご参加下さい。

★第二幕は、お二方の先生の講演となります。

立花大敬先生

 46歳で、九州1,2の進学校、久留米大附設高校の物理の教師として就職し、全国一の成績にする。一昨年、同高の教頭職を退職されました。禅僧でもあられる異色の教師で、20年にわたり、元気アップ禅の会での実践指導にかかわり退職後は全国での講演活動を開始されました。

木村泰子先生

 全ての子どもの学習権を保障する学校を作る。と言う理念のもと、子どもを主役とし、先生を仲間とし、地域の住人を巻き込み、全ての子どもに居場所のある学校、不登校ゼロの学校、そんなすごいインクルーシブな学校が出来上がりました。
東京大学が協定を申し込んだ大阪市立大空小学校の初代校長です。

「みんな一緒のひとつながりの尊いイノチ」と言う事に焦点をあてて、それぞれの先生方のお話から多くの事を「感じる」がテーマとなります。

第二幕では、発見と、感動と、気づきと、自分自身の変化を感じていただけるのではないかと思います。

そして、
★第三幕は、「動く」です。

「みんなの為の学校」、「みんなの為の社会」それぞれの立場で出来ることを見つけてみませんか?
教育の場、家庭、社会などで、小さな気づきや覚悟が行動を変え、自分が変わると、目の前の世界も少しずつ動き出します。そんな一日を作りたいと思っています。

第三幕は、まとめ。参加された皆様と一緒に作る最終幕です。

全幕へのご参加は勿論、望むところではありますが、各幕ごとに内容が異なりますので、お選びいただいての参加も可能でございます。

下記フライヤーで詳細をご確認下さい。

チケットは、しあわせ森の家ショップでお買い求めいただけます。

ご不明な点等々ございましたら、メール、または、フライヤーに記載しております、古賀・内村までお尋ねくださいね。

フライヤーは印刷可能です。ご紹介いただけると嬉しいです。

フライヤー表

みんなの学校みんなの社会九州大会チラシ 表


フライヤー裏

みんなの学校みんなの社会 裏

AIMビル周辺のアクセス方法
JR小倉駅 新幹線口から徒歩4~5分

ポスターです。どこかで見かけましたら写メを送ってください!(^^)!
励みになります(^_^)v

チケットは、しあわせ森の家ショップでお買い求めいただけます。

ご不明な点等々ございましたら、メール、または、フライヤーに記載しております、古賀・内村までお尋ねくださいね。